読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考を巡らせて

人文の大学生が身の回りのことをてきとーに書くブログ

NHK特集にて

NHKクローズアップ現代にてアメリカの過激思想「オルト・ライト」の特集が放送されていた。アメリカでは過去にもKKK、そしてネオナチと白人至上主義を提唱してきた集団が台頭してきたが、現在は「オルト・ライト」が頭角を現してきているようだ。事実上のリーダー、リチャードスペンサー氏はアメリカメディアのインタビューで「あなたは差別主義者ですか。」との問いに、「もちろん。差別主義者で構わない。」と述べているという。アメリカで過去に白人至上主義が最高潮に達したときには84%の白人が人種の割合を占めていた。しかし近年の専門家の予想では白人と黒人の割合が逆転する現象が起きると予想している。スペンサー氏によると、歴史的に迫害をしてきた白人が、今度は黒人のために自分たちの権利を奪われていると主張する。例えばアファーマティブ・アクションは、本来人間は平等でなければならないのであるが、黒人優遇のために白人が権利、機会を奪われてしまう平等の中の不平等がある。それは黒人がマイノリティーであるために行われてきたことであるが、白人個人にしたら平等とは言えないのだ。そしてこの「オルト・ライト」の中心となる年齢層は極端に若者の白人に偏っているといわれる。例えば、大学入学にアファーマティブ・アクションが利用されて権利を奪われるということになれば、「オルト・ライト」の思想に同調しやすいのであろう。

あとは台頭の要因としてはトランプ氏が大統領就任したことである。彼が就任したことにより、影に隠れていた白人至上主義者達が表に出てきて、思っていたことを表明するきっかけになったのだ。広告党としてトランプ側近のバノン上級顧問は「オルト・ライト」を広めた一人であると言われているし、ミラー大統領補佐官もそうである。ある黒人がテレビインタビューの中で、「もはやアメリカは暴力が蔓延した国家になってしまった。人種差別を無くすことは対話では不可能だ。暴力無しでは。」と述べていた。アメリカは移民国家として人種のるつぼとも言うべき大国家であるだけに、多様性、多種族を尊重し、本当の平等を求めていってもらいたいものだ。そして日本にいる私達も日本の都市で歩いている外国人に異様な目つきで見ていないと言い切れるであろうか。人種差別を肯定するつもりは毛頭ないが、私は知らず知らずの内に差別的な行為を取っていないだろうかと自分の胸に聞き直すきっかけになった。