読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考を巡らせて

人文の大学生が身の回りのことをてきとーに書くブログ

永遠回帰にはまるような

2ヶ月ぶりに書いてみた。
ここのところずっと考えていた。もしかしたら薄々前から考えていたかもしれないが…
根本的であって、生きるということの不明瞭さ。
これは少なからず、ニーチェの影響もあるかもしれない。しかし哲学関連の本を読んだといえ、それに興味を持つことと同調することは明らかに違う。
誰しも人間ならば、〈何のために生きるか〉について考えると思う。大学生の私にとっての今、私には生きるということに対して正直何も価値を見いだせない。
(もしかしたらメンヘラと捉えられてしまうかもしれないが笑)
これは徹底的に、自分を怠惰にさせてしまうだろう。
私の内にニヒリズムが入っているかもしれない。
生に対して価値を見いだすことはもしかしたら必要のないことかもしれない。そしてそれは決めつけかもしれない。ならば、生それ自体とは何なのか。そんなものどこに存在するのか。結論から言うと、わからない。今までも生という概念に関して、その定義を生み出してきた哲学者は確かにいる。しかし所詮はその人の仮説に留まり、真理ではないだろう。
話が少しズレたが、生に透明性がなければ、当然〈何のために生きるか〉という問いには答えられるはずもない。私はなぜ生き続けるのだろう。そして何のために生きるのだろう。
 今、考えた中で答えは2つ見つかった。それは何にも屈しなく、しかし流れに身を任せるという強靭な意志だ。これは人によっては茨の道になるかもしれない。私自身はそう思う。
 もう1つは〈何のために生きるか〉の何のためにの部分である。つまり目的を見つけることだ。普通に考えれば、この2つは容易に考えられると思う。しかし現状ではこれくらいしか思い付かない。
 こんなものかなと思う。なんだか、私の生活自体も同じことの繰り返しに思え、それが無価値に見えてきた。
 思考をめぐらせてみたが、意外と自分はペシミストかもしれない。そこだけは面白いと思う。
 大学3年でこんな感じでいいのかなあと思う。だが仕方ない、所詮こんなものなのだから。そして意外と私は大海の前の浅瀬をがむしゃらにもがき、無意味に体力を消耗させ、繰り返すことで自己満足に浸っているだけかもしれない。